牛窓オリーブ園と幸福の鐘。これを叩けることが幸せです。

牛窓オリーブ園 夕暮れ

本日は、調査開始前に寄り道をして「牛窓オリーブ園」に立ち寄る。

閉園間際に立ち寄りましたが、快く展望台を案内してくれました。

牛窓オリーブ園 瀬戸内海の風景

太陽が沈むまでのわずかな時間。

写真では上手く伝えられないのが残念ですが、「空」「海」「島」の風景が素晴らしい。

頭の中を空っぽにできる、自分だけの贅沢な時間です。

 

依頼される方に多いのですが、 夫婦問題だけではなく、子育てやパートや家事などなど、日々、本当に色々と忙しく大変です。

そんな、忙しくて自分の時間を持つことができない中で、そもそも自分の為の時間を持っちゃいけないなど、そういうことに罪悪感を持つ人もいます。

 

まずは罪悪感を捨て、自分の時間を持つことで、心にゆとりを持って下さい。

大切なことは、自分を一番大事にすること。

牛窓オリーブ園 幸福の鐘

牛窓オリーブ園 幸福の鐘

帰り際に、こっそり「幸福の鐘」を三回鳴らす。

これまで依頼された方に、届くといいな。

 

 

 

倉敷・総社方面へ。調査の前にちょっと散策。山茶花の香りと春の訪れ。

岡山市の探偵が備中国分寺に行く

昨日は、倉敷・総社市方面で仕事だったので、かなり早めに岡山市を出て『備中国分寺』を散策しました。

古代吉備王国ランニングコース

足元を見ると、「古代吉備王国ランニングコース」が。でも、今日は走りません。チュッピー、また今度…(笑)

備中国分寺 山茶花 さざんか

少し歩くと山茶花が、まるでそこだけ別世界のように、鮮やかに咲いていました。

備中国分寺 五重塔

そして、山茶花の香りをかぎながら五重塔まで歩き、下から見上げる。うーん、いつもながら圧倒されます。

備中国分寺 桜の木 探偵が散歩する

そして、近くにあった桜の木を見上げると、ちいさなつぼみを発見!まだ1月ですが、木々はもう春の準備をしてるんですね。

 

依頼に来られる方の多くは、気持ちが落ち込んでいて、冬の曇り空のように重たい雰囲気です。

その心が、春のような陽気な気持ちに変化していけるよう仕事をしていこうと、桜の蕾を見ながら思いました。

 

 

当探偵事務所が選ばれる理由の一つが、「普通のお父さんっぽかったので」との事でした。

岡山の探偵と言えば浮気調査専門の問屋町探偵社へ 営業担当のコーギー部長

2020年が始まり、立て続けに調査の相談がありました。そして、僕は必ず「どうして当社を選んでくれたのですか?」と質問をします。

答えてくれる理由で一番多いのが、「コーギー(わんちゃん)がブログに写っていたので」というコーギー営業部長の力が大きいのですが、

先日、相談に来られた方は、「ブログを読んで、あ、探偵さんって普通のお父さんなんだ!って安心したので選びました。」との事でした。

読んでくれたのがコチラの記事⇩

『大きな節目って大切です。』

 

さて、僕は自分の子ども達には職業を明かしてないですし、周りの人も僕が探偵業を営んでいると知っているのはごくわずかです。

ですから、意外かもしれませんが、普通に生活して、普通に子育てをして悩み、普通に夫婦喧嘩だってします(;^_^A

もちろん、辛いことや嫌なことだって普通にあります。

 

確かに、周りの探偵(同業者)は独身が多いですし、まれに結婚していてもプライベートや生活感は一切出さない人がほとんどです。

でも、ブログをコツコツ書いていると、良くも悪くもどうしても文章に人柄が出てしまいます。

そして、無理をして自分を偽ってブログを書くと、しんどくなって続かなくなります。

 

無理なく仕事をするには、なるべく普段から感じたことや考えていることを、自然体で出すように心がけています。

逆に変に営業するよりも、ブログを読んで共感してくれた方だけ、依頼に来てもらえれば良いとさえ思っています。

 

探偵事務所選びや弁護士事務所選びなど、とても難しいとは思いますが、仕事は会社がするものではなく「人」がすることなので、自分が「ここだ!」と思う相性で選んでみて下さい。

 

 

 

探偵は本当に離職率の高い職業です。それでも続けることが出来るのは…。

岡山の探偵と言えば浮気調査専門の問屋町探偵社へ

昨晩からの調査がようやく終わり、朝の帰宅途中にて「あぁそうだ!ブログを更新しよう。とりあえず写真。」と思いつき、たまたま通りがかったイオンモール岡山前にて撮影。

何事も習慣になるまでがシンドイですね。(;^_^A

 

さて、今回の調査も進行中なので詳細は書けませんが、「不貞の証拠収集」です。

不貞の証拠と言えば、一番はやはりラブホテル。そして、調査対象者がラブホテルに入った場合、たいていはこちらもホテルに入ります。

 

ホテルの状況にもよりますが、一人が室内に入り、もう一人が車内に残って、ホテルを出てくるツーショットを撮影します。

もちろん、調査対象者しだいで調査が終わる時間が決まるので、12時間くらい車内から出られないのは日常茶飯事。今回もスタッフはお疲れさまでした。

 

このように、探偵には定時の就業時間などなく、現場では危険が伴うこともあるので、そういう部分ではスーパーブラックな仕事だと思います…。

最近は、コンビニ・居酒屋・建築現場などで若い外国人の労働者が目につきます。探偵業も日本人の若い人があこがれて就職しますが、1年も続かないのが現状です。

仕事は大変なのが当たり前。

そして、自分の好きなことを仕事として続けるには困難の連続です。

そんな説教を言いたいところですが、逆に23年も続けている僕の方が変なのでしょう…(;^_^A

 

正直、僕も自分で探偵という仕事をやっていて「大変だなぁ」と思うこともあります。

でも、これまでに依頼をされた方々の「本当にありがとうございました。」という感謝の言葉で続けることが出来ています。

これからもこの言葉を頂けるように、日々コツコツとやっていきます。

 

 

探偵にとって一番必要な素質は「真面目さ」だと思っています。

岡山市の探偵犬 営業担当のコーギー部長

年末年始の仕事の忙しさが落ち着くかなと思ったら、ホッとするのもつかの間、新しい調査の依頼が立て続けに入りました。

しかも、なぜ問屋町探偵社を選んでくれたかは、ブログを頑張って書いている僕の文章力ではなく、

「ワンちゃんの写真がのってたので!」という、あいかわらずなコーギー部長の営業力です…。

岡山の探偵犬 浮気調査専門の探偵社の看板犬

さて、今年は頻繁にブログを更新するぞ!と宣言しましたが、僕は「忙しくって更新が出来ませんでした。」という言い訳をしないようにします。

それは、ブログを書くことも大切な仕事なので、仕事をおろそかにしたくないからです。

 

そして、どんなに忙しいといっても、ブログを書くのは30分あれば出来ること。「やるか」「サボるか」だけです。

誰かに怒られることじゃないので、めんどくさいと思えば、いくらでもサボることが出来ます。

でも、こういった気持ちが調査現場の仕事にも必ず出てくるので、なんとしても「やる」というのは大事なことだと思います。

岡山の探偵 営業部長と山にトレーニング

さて、1月も忙しくなりそうですが、自分の長所である「真面目に」「コツコツと」を活かして仕事をやっていきます。

今年も引き続き、コーギー部長には頑張ってもらわねば!(笑)

お給料の代わりに、野山にたくさん連れていきますので、よろしくお願いしますm(_ _)m