心が弱っている時は 他人のFacebookやインスタなど SNSは見てはいけません

普段、フェイスブックやインスタなどのSNSを見ている人は多いと思いますが、心が弱っている時、特に夫婦問題や浮気問題で悩んでいる時には、出来るだけ見ない方が良いです。

その理由は、SNSの投稿というのは誰しも「良い部分」を見せようとするから華やかです。

そして、他人のそういった表面の「一部」を切り取って見て、羨ましくなったり、自分と比較して落ち込んでしまったりします。

 

自分の心が元気な時は気になりませんが、心が弱っている時にそういうものを見てしまうと、いつも以上に落ち込んでしまい辛い気持ちになります。

 

他人の華やかな一部分だけを見て、「みんなうまく行っているのに自分だけうまくいかない…」と嫉妬と自己嫌悪のくり返し。

そして、「自分は価値のないダメな人間」と思い込み、自己肯定感が下がります。

自己肯定感が下がると、何をするにも「どうせできない」と思いがちになり、こうなると立ち直るのに時間がかかってしまいます。

 

中には、浮気相手のSNSをフォローして頻繁にチェックしている方もいますが、それはもってのほかです。

そこには、夫婦問題を解決するための「良い情報」を得られることなどほとんどなく、浮気相手の「華やかな部分」と自分の「ダメな部分」を比較して、辛く落ち込んでしまうだけです。

 

気になる気持ちは分かります。

でも、心が弱っている時は 他人のFacebookやインスタなど、SNSは見てはいけません。

 

   関連記事はコチラ