【調査事例】夫の浮気は3回目。今回の相手も出会い系で知り合った女性。奥さんの取った行動は。。。

先週依頼を受けた、岡山市東区西大寺の件が調査終了したので、依頼者の許可のもと書けるところまで紹介します。

 

依頼者である奥さんは37歳。夫のLINEのやり取りから浮気を疑い、調査を依頼しました。

調査対象者である夫も37歳で同級生。仕事は自営業(建築関係)。結婚18年で子供は中学生と高校生の男児です。

 

調査初日こそ動きはありませんでしたが、5日間の調査の結果、夫は浮気相手の女性と接触があり、ラブホテルに1回と津山市にデートに行きました。

その後、相手女性の自宅アパートを特定し、勤務先まで突き止めたところで、依頼者と相談して調査は終了。

あっさりと結果の出た調査でした。

 

「しっかりとした証拠がほしい」と言われる場合は、ラブホテルなどの不貞の証拠は2回以上押さえることを勧めていますが、今回は以下の条件を考慮して、ラブホテルの写真1回で調査を終了しました。

  • 夫は浮気の常習犯で、今回で3回目。今回も遊びで離婚する気はないであろう。
  • 相手も、出会い系で知り合った女性なので、本気ではないと判断。
  • 夫は自営業だが、その会社は奥さんの父親が始めた会社。離婚になると仕事も失うので、そこまではする可能性が低い。
  • 1回の証拠があれば、依頼者が強気で十分に戦っていけるタイプである。
  •  

    以下、奥さんとの会話

    「旦那、今回で3回目なんで、徹底的に締め上げます!」

    「そうですか。くれぐれも、事件にならないように!」

    「ええ。この間のウィルス作戦はやめました。」

    「なんでですか?」

    「やっぱり、もし間違って死んだらお金が入ってこなくなるじゃないですか。旦那にはうちの会社で死ぬまで働いてもらったほうが、得でしょう。やっぱり。」

    「そりゃそうです。で、相手の女性はどうします?」

    「ちょっとかわいそうですけど、慰謝料請求します!まぁ、罪は罪なので。」

    「弁護士さん、頼みますか?」

    「大丈夫です。過去にも経験があるんで、私が自分で示談書作って乗り込みます!とりあえず100万請求して、50万くらいは貰えたらと思ってます。もしもの時は、またアドバイス下さい!!」

    「はい、分かりました。でも、奥さんなら大丈夫でしょう(笑)」

     

    こんなやりとりで、調査を終了しました。

    10人の依頼者がいれば、それぞれ10通りの解決の方法があります。

    もちろん、調査もそれぞれです。

    それぞれに合った調査とアドバイスをしていきますので、お気軽に相談してください(^_^)

     

    調査期間:10日間
    調査内容:不貞の証拠(ホテルの出入り1回撮影)+津山市内のデート写真+相手女性の自宅特定+勤務先特定
    調査料金:25万円
    ※調査料金は、調査状況によって変わりますのでご相談ください。

     

    【この記事の関連記事はこちら】

    『気夫に対する妻のささやかな復讐。。。』

    『JR西大寺駅周辺を下見を兼ねて散歩』

     

       関連記事はコチラ