不倫・浮気の証拠って、どんなものが有効?

みなさん依頼に来られると、「証拠を押さえたい」と言われます。

しかしその反面、「証拠ってどんなものが必要ですか?」という質問も多いです。

浮気の事実を知ったときには「離婚をする」か「修復をする」のか、どちらかになりますが、さらに「慰謝料を請求する」か「相手に認めさせたいだけ」か、など、それぞれのケースに合わせて効果的な浮気の証拠と使い方があります。

「不貞の証拠」で調べると弁護士のサイトなどに詳しく書かれているので、ここでは実際に依頼を受けてきた事例から「証拠」と「使い方」について紹介していきます。

 

夫(妻)がどんなタイプか?

 

相手と話し合い(交渉)をしていくので、相手がどんなタイプか?で必要な証拠も変わってきます。

浮気の問題が発覚した時に、すぐに認めるタイプならLINEやメールなどのやりとりで十分です。

実際に、LINEのやり取りとデートをしている写真だけで浮気を認めて慰謝料を300万円支払ったケースもあります。

 

ところが、「自分の否を絶対に認めない」「声を荒げる・逆ギレする」タイプは、必ず決定的な証拠が必要になってきます。

基本的には、裁判になっても負けない「不貞の証拠」(肉体関係があったと証明できるもの)を押さえておきます。

そして、いきなりそれを突き付けるのではなく、相手の反応をみながら少しずつ問い詰めていきます。

 

なぜ、証拠をいきなり突き付けない方が良いかですが、「絶対に認めない」「逆ギレする」タイプの人でも、つかんだ事実をもとに話の持って行き方次第では、あっさり認めて浮気相手と別れることがあります。

ところが、最初から証拠を突き付けて相手の逃げ道をふさぐと、「即離婚」へと進む可能性もあります。

 

いきなりこちらの切り札(大切な証拠)を見せてしまうのではなく、相手の様子をみながら上手に活用していくことが大切です。

 

相手に離婚の意思があるか?

 

浮気をしている夫(妻)に離婚の意思があるかどうかによっても、必要な証拠が変わってきます。

相手が離婚を望んでいるケース(特に女性の浮気は、「浮気」よりも「本気」な場合が多いので、話し合いを切り出した時に離婚へと進むことが多いです。)は、離婚を防ぐためにも「不貞の証拠」が必要になります。

それは、有責配偶者(離婚がみとめられるような原因を作った側)からの離婚請求は認められないケースがほとんどですので、離婚を防ぐためにも不貞の証拠がお守りになってくれます。

 

近年、男性からの依頼が増えていますが、妻の浮気で離婚を決意したものの、親権は母親が圧倒的に有利なので、子供を取られてしまう。

それなら、証拠をつかんで妻からの離婚が出来ない状態にして、子供の為に修復に向けて話を進めていく方法を選ぶという方が多いです。

 

もちろん、女性からの依頼の場合も、夫と離婚になると生活が苦しくなるので、まずは離婚が出来ない状態にしてから今後のことを準備していく方が多いです。

どちらにせよ、相手が離婚の意思が強い場合は、中途半端な証拠ではなく、確実な証拠が必要です。

 

こういったケースでも相手に証拠を見せる必要はないですが、「探偵に依頼をしてすべて知っている。証拠もつかんでいるからあなたの方から離婚は出来ない。」と最初からハッキリ伝え、話を進めていく方が良いです。

 

他にも、夫(妻)の職業や地位、浮気相手が誰なのか?などによっても、証拠の使い方と話し合いの仕方が変わってきますが、上記のようなケースでは「しっかりした不貞の証拠」があれば、話し合いを有利に進めるだけではなく、あなたを守る切り札になるので心強くいることが出来ます。

 

   関連記事はコチラ