「探偵」以外に子どもの頃になりたかった職業の共通点?

ついこの間まで「暑いなー」と言っていたのが、岡山市内、今朝はヒンヤリとした朝でしたね。

僕は、父親として(半分は趣味なのですが)、地域のボランティアに参加をしていて、調査の仕事がない日は、朝の小学生・中学生の登校時間に交通安全の見守りをしています。

あの、グリーンの交通安全のベストを着て、交差点とかに立ってる人です。

たまに、顔なじみになった子ども達からは、「おじさん、よく朝からいるけど、何の仕事してるの?」と聞かれて困ったりします(^_^;)

 

そういえば、僕は子供の頃になりたかった職業の1番は現在の「探偵」なのですが、2番目以降は「レスキュー隊」「自衛官」「学校の先生」で、最後は「インディ・ジョーンズ」(?)です。

なんとなくそれぞれの共通点もあったり、どうも子供の時から「守る」とか「助ける」とか好きだったのかもしれません。。。

 

探偵の仕事をしていて思うのは、トラブルが起こった時、それを解決するのは、やはり依頼をされた方ご自身です。

でも影ながらですが、それを見守っていくことで、「解決」や「安心」につながってほしいという想いです。

いま現在、依頼されている方はもちろん、過去に依頼された方も、これからも相談していきますので、頑張っていきましょう!

岡山市の探偵がパトロール

↑さて、子ども達が無事に登校したのを見届けた後は、我が社の営業コーギー部長と里山を「パトロール」に行ってきます(笑)

 

 

   関連記事はコチラ