相談事例:夫の浮気をやめさせたい 時には「沈黙」も大切です。

夫婦ケンカ 修復
人間関係でトラブルが起きたとき、つい相手を認めさせようとして、問いただしたり攻撃してしまうこともあるかと思います。

それで、相手が素直に認めてくれたらよいですが、そうでない場合、問題を解決する為にあえて「沈黙」も必要です。

今回は、実際によくある相談事例をもとに書いていきます。

相談事例:夫の浮気をやめさせたい

これは本当によくある相談なのですが、奥さんがご主人の浮気を疑いだし、それからご主人のスマホをチェックしたり、逐一、電話をかけて「いま何してるの?」と行動を確認するようになりました。

ところが、それに対してご主人がキレて「もう離婚だ!」と言い出す結果に。

 

奥さんの言い分としては、「あなたが原因で私がこんなに気にしているのだから、ちゃんと潔白を証明して!」と言いますが、

ご主人としては、「お前のそういう性格が嫌なんだ。オレはなにも悪いことはやってないから、信用しろ。それが出来ないなら離婚だ!」ということで、話がまったくかみ合いません。

奥さんは、ご主人の行動のすべてが浮気に結びついてしまい、一つ一つを監視して問い詰めますが、「なにもしてない!証拠は?」とキレられて喧嘩。ついにはご主人の暴力まで出てしまうケースもよくあります。

気持ちと行動が逆になっていることも

夫婦 不倫や浮気の悩み
奥さんの気持ちを聞くとみなさん「修復がしたいんです。」と言われます。

また、「証拠をつかんで夫に謝らせたい。」とも言われます。

相手が自ら謝ってくれるのなら良いのですが、謝らない相手を謝らせようとするのは攻撃になってしまいます。

ですから、気持ちは修復したいのに、やってることは相手を責め立ててしまい、結果、お互いにどんどん気持ちが離れていくという悪循環になってしまっています。

アドバイス:時には「沈黙」も大切です


このような状況で証拠をつかんで相手を問い詰めたら、認めて謝るどころか、よけにご主人の気持ちが離れていき離婚に拍車をかけるだけです。

しかも、ここまでもめていて、ご主人は「証拠があるならだしてみろ!絶対にないから!」と言い切っているということは、これから調べても証拠が出ない場合がよくあります。

調査会社は、お金さえ払えば結果に関わらず調査を引き受けることがほとんどですが、高い調査料金だけ支払って、不貞の証拠が出てこないというケースもあります。

 

アドバイスとしては、以上の二つのことを考えて、いまは調査をせずに、証拠を集めようとせずに、問い詰めようとしないことです。

それを伝えると、多くの奥さんは「では、やはり私が泣き寝入りするしかないのでしょうか…。」と言われますが、「泣き寝入り」ではありません。

確かに苦しい気持ちは分かりますが、今は夫に浮気されている苦しさと、それを認めない腹立たしさから、心と頭の中が暴走してしまっている状態です。

そのような状態で「解決しよう」「修復しよう」としても、冷静ではないので逆に難しいです。

ですからまずは、その心と頭の中を沈めないといけません。

その為に「沈黙」が必要なのです。

 

人はどうしても嬉しい出来事があると有頂天になり、辛い出来事があるとどんどん落ち込んでしまいます。

でも、目の前の出来事に振り回されていると、幸せな人生とは言えません。

自分の心が嬉しい時ほど、そして苦しい時ほど、意識して「沈黙」を守り、心の暴走をストップさせることが大切です。

 

 

 

「浮気」「暴力」「借金」がある夫、それでも離婚ができない。

「浮気」「暴力」「借金」がある夫、それでも離婚ができない

浮気・暴力(DV)・借金(ギャンプル癖や無職含む)のどれか一つでもあると夫婦問題に発展しそうなのですが、調査依頼に来られる方の状況を聞くと、その3つが全部あるというケースがあります。

しかも、周りの親しい人に相談すると、みんな口をそろえて「離婚した方がいい!」とアドバイスをされるのですが、ご本人が「まだ夫に気持ちがあって、離婚を踏みとどまっています。」と言われる方が多いです。

今回は、実際に1年ほど前に調査を依頼された方から、その後の報告があり、ブログに書いても良いですよ、ということなので書きます。

調査内容

ご主人(31歳)の浮気調査を依頼された奥さんは、最初の相談ではこのように言われていました。

「夫は、昔からギャンブルが好きで、知らない間に消費者金融でお金を借りては、私と両親がお金を返してきました。あと、普段はとても良い人なんですが、お酒を飲むと暴れて暴力も出たりして大変なんです。」

「で、今回、スマホを見たら浮気しているようなので、もう別れた方がいいかなと考えていますが、こんな夫ですがまだ未練があって、別れる決断ができません。」

調査の結果

調査の結果、ご主人は平日に仕事を休んで女性と会っていました。

二人で県外にデートに行ったり、女性のアパートで夜遅くまで過ごしたりしていました。

相手の女性は20代前半で、後日、ご主人の自白で判明しましたが「出会い系サイト」で知り合った女性でした。

アドバイスとその後

浮気・暴力・借金のどれか一つでもあると、離婚問題になりそうですが、その3つがあっても離婚を踏みとどまる方もいます。

この方も、頭では「離婚した方がいい」と分かっていても、心に未練が残っていて最後まで迷っていました。

しかし、最終的には夫と女性が楽しそうにしている調査結果をみて、離婚に向けて進む決断をしました。

 

そこで、夫には暴力や暴言があったので、まずは子供を連れて実家で別居することにしました。

こういったケースでは、同じ屋根の下で生活しながら話し合いを進めるよりも、まずは別居などで心と体が安全な環境を確保して、それから話し合いを進める方が良いです。

また、直接、本人と話し合うよりも、弁護士に依頼をして代理で話を進めていく方が話し合いが進みます。

半年で離婚が成立

別居後、弁護士を通じて夫に対して離婚の話を切り出したところ、夫はすぐに浮気を認めて実家に来て土下座して謝りました。

その時に、相手女性の素性や出会いなどを白状し、「相手女性とはすぐ別れた。ただの浮気だ。俺にはお前しかいない。」と泣きながら話していたそです。

しかし、奥さんは「前も同じことで許したし(実は、浮気は結婚してから2回目…)今回、許してもまた同じことをされる。」と気持ちを固めて離婚を決断しました。

人は誰しも失うことが怖い

 

人は「新しく手に入れるものよりも、失うものの方が大きな損失を感じる。」という心理現象が働きます。

 

ですから、誰から見ても離婚をした方が良いと思われる夫でも、手放せなくなってしまいます。

その証拠に、「もし昔に戻れるとしたら、若いころの自分にどうアドバイスしますか?」と質問すると、

「あんな人(ヤツ・旦那)と、一緒になったら絶対にダメ!と言いたいです。」と言われる方がほとんどです。

 

人にはそれぞれ器(うつわ)があります。

自分もっている器に何か新しいものを入れたい時は、いま入っているものを手放さないといけません。

この方も、「最初は、離婚することが怖くて勇気がいりましたが、いまでは精神的なストレスがなくなったのか、グッスリ眠れるようになりました。元旦那と一緒だった時、ずっと心の中にあったモヤモヤが、手放してみてスーッとなくなりました。」と言われていました。

 

 

「浮気(調査結果)がハッキリしたら離婚します!」本当にそれで良いですか?

離婚届 岡山
調査依頼の相談に来られる時点で、離婚をするか修復するか悩んでいる方が多いのですが、なかには「もう離婚します!」と言われる方もいらしゃいます。

しかし、そんな方でもしばらく時間を置くと、離婚を踏みとどまるケースもよくあります。

今回は、実際に1年ほど前に調査を依頼された方から、その後の報告があり、ブログに書いても良いですよ、ということなので書きます。

調査内容

ご主人(56歳)の浮気調査を依頼された奥さんは、最初の相談では「子供も独立しているし、夫婦だけの問題だから、浮気の事実をつかんだら離婚します!」と言われていました。

調査の結果、ご主人は仕事関係の女性と交際をしていることが判明。

月に3回ほど、仕事帰りや休日出勤と偽って女性と会っていました。

結果報告とアドバイス

その調査結果を報告した時にも、「やはり…。もう離婚ですね!」と奥さんは言っていましたが、夫婦の関係を詳しく伺うと、このご主人はこれまでにとても家庭的で、もちろんDVやモラハラも一切なし。

いまでも家のことは手伝ってくれるし、一緒に外出もするとのこと。

調査中のご主人の様子をみても、離婚を決意しているようには思えませんでした。

(なぜそう思うのですか?と聞かれることがよくありますが、うまく言葉では言い表せません。ただこれまでたくさんのケースを見てきたカンなのだと思います。)

そこで、「いきなり離婚ではなく、とりあえず別居をしてみてはどうですか?」とアドバイスしました。

いきなり離婚よりも まずは別居がおすすめ

離婚よりも別居がおすすめ

奥さんは、いままで信じていただけに急に浮気の問題が発覚して、腹が立ったり、動揺したり、日々気持ちが大きく揺れ動いていて、それが苦しいから離婚しかない!と思っていたところもありました。

このような場合は、「もう苦しいから、すぐに離婚したい。」という気持ちも分かりますが、感情にまかせていきなり離婚に進むのではなく、まずは別居から始めてみるのがおすすめです。

 

とりあえず離れて生活してみると、一人で冷静に考えることができますし、また違う感情も出てきます。

そして、軽い気持ちで浮気をしていたご主人も、別居となると慌てます。(情けない話ですが、こうならないと事の大きさを分かりません。)

ご主人にも一人暮らしをさせ、炊事・洗濯など、家事のすべてをやらせてみたらいいでしょう。

実際に別居してみた結果

そこでさっそく奥さんは、自分の職場近くにアパートを借りて、一人暮らしを始めました。

もちろん、それと同時に浮気相手にはしっかり話をして謝罪をさせました。

ご主人も「許してほしい」とすぐに奥さんに土下座して謝りましたが、その時はまだ受け入れられなかったので、しばらく別居生活を続けていました。

そして、1年という長いような短いような時間が経ったころ。

ふっと、「もういいや、家に戻ろう。」という気持ちになったそうです。

心の痛みには時間がクスリになることもあります

何か辛いことが起きたとき、その時の感情に任せて行動してしまいがちです。でも、冷静な判断ができないことが多いです。

たしかに、目の前の問題はすぐに解決した方がよいですが、傷いた「心の痛み」には、時間がクスリになることもあります。

浮気の問題が発覚した時、いきなり離婚を決めるのではなく、とりあえず離れて暮らしてみるのも良いと思います。

 

 

 

慰謝料請求はいつが良い?効果的なタイミングは?

興信所の報告書 サンプル
当事務所の報告書。決定的な場面を逃しません。

不倫が原因で離婚になるとき、一般的には離婚の話し合いと一緒に、相手に対して慰謝料を請求します。

ところが、意外と知らない方が多いのですが、不倫の慰謝料請求は、離婚が成立してからでも可能です。

そして場合によっては、離婚をしてから様子を見て、慰謝料を請求した方が良いケースもあります。

今回は、実際に当社に依頼された方のケースを参考にお話しします。

ケース①父親が親権を取りたい場合

ご依頼者は、30代のご主人。息子が二人。

奥さんが突然離婚を言い出し、普段の様子から怪しいと感じていたご主人は、調査を依頼しました。

結果、奥さんは出会い系で知り合った男性との不倫が発覚。

ご主人の気持ちとしては、奥さんと相手男性に対して慰謝料を請求して、離婚をしようと思いました。

しかし、小学生の息子二人の親権を取りたいので、離婚を悩みました。(親権争いになると母親が圧倒的に強いです。)

そこで、まずは奥さんが離婚を望んでいるので、不倫のことは話に出さず、息子たちの親権をもらう条件で離婚を成立させました。

浮かれていた奥さんは、その条件で快諾しました。

その後、奥さんが家を出てから2か月が経過。

ご主人と息子さん二人の生活が落ち着いてから、元奥さんと浮気相手に対して慰謝料を請求しました。

このようなケースでは、先に慰謝料請求の話を出すと、相手男性が逃げてしまい奥さんも離婚を撤回する場合があります。

いまさらな感じで腹も立ちますが、実際にそういうケースはあります・・・(-_-;)

または、急に「親権は渡さない」と嫌がらせをしてくることもあります。

このようなケースでは、先に親権を決めて離婚をし、その後、様子を見てから慰謝料の請求をする方がうまくいく可能性が高いです。

ケース②夫にDVがある場合

ご依頼者は、20代の奥さん。娘は2歳。

以前からご主人のDVとモラハラで悩む。そこに浮気の問題が出てきたので、調査を依頼しました。

調査の結果、ご主人は職場の女性と不倫をしていたことが判明。奥さんは離婚を決意しました。

この場合も、夫のDV・モラハラがあるので、先に離婚をした方が良いケースです。

先に不倫のことや相手女性に慰謝料請求すると、ご主人が逆ギレして奥さんに身の危険があります。

ですから、まずは離婚を成立させて安全な場所に別居してから、慰謝料の請求をするようにしました。

慰謝料請求のタイミングはケースバイケース

浮気の証拠が出てきたら、今すぐにでも話し合いたい!慰謝料請求をしたい!という気持ちはよくわかります。

しかし、上記ケースのように「何を一番優先するか?」によって、慰謝料請求のタイミングが重要になってきます。

不倫の慰謝料請求の時効は、『配偶者の不貞行為および浮気・不倫相手を知った時から3年間』とされていますので、感情に流されず、慌てずに、もっとも効果的なタイミングで行いましょう。

これまでに依頼をされた方の事例が多数ありますので、具体例を交えてアドバイスします。

お気軽に相談ください。

 

 

 

昔に比べると浮気調査で県外に行くことが圧倒的に増えました。

岡山の探偵が大阪へ

朝の大阪市内-環状線。ひと仕事を終えて岡山に戻るところです。

 

詳細は書けませんが、ご主人の依頼で奥さんの浮気調査です。

「実家に泊まる」と夕方に自宅を出た奥さんは、倉敷市内で男性と会い食事をしてその後ホテルへ。

翌朝5時にホテルを出て別れた男性を尾行すると、まさかの大阪市内まで来てしまいました…。

 

20年前は、浮気相手というと同じ職場など身近な相手が多かったのですが、最近は、インターネット(特にオンラインゲーム)での出会いが増えてます。

ですから、調べてみると「相手が県外に住んでいた」ということもよくあります。

今年も本当によく県外調査に行きました…。

 

今回、ご主人は子ども達のこともあるので離婚までは考えていませんが、万が一を考えて証拠は押さえておく方が良いと判断してのご依頼でした。

確かに「オンラインで知り合った遠距離の相手」というのは割り切った関係が多いのですが、これも話し合いのフタを開けてみないと分かりません。

慰謝料請求のために証拠は必要なのですが、それ以上に証拠があるのとないのでは、話し合いをするうえで心強さが違います。

これからの話し合いが大変ですが、解決に向かってくれたらと思います!