【調査事例】妻が子供を連れて急に家を出ていった。

依頼者であるご主人が、仕事から遅く帰った金曜日の晩のことです。

家の電気がすべて消えていたので、おかしいなと思ってリビングの明かりをつけると、置手紙がありました。

 

手紙は奥さんからで、たった一行の文章には、

「一緒に生活するのが疲れました。〇〇(息子4歳)と実家に行きます。」との事。

 

ご主人は、慌てて奥さんの携帯を鳴らしますが、電話に出ません。

すぐに家を出て、奥さんの実家に行きますが、時計の針は夜中の1時。

さすがに実家のインターフォンを押すのはためらって、そのまま自宅に帰りました。

その際、実家の敷地は広いのですが、奥さんの軽自動車がとまっていなかったのが気になったそうです。

 

翌日、朝から奥さんの携帯に電話をかけたら、ようやく本人が出ました。

「いったいどういうつもりだ!?」

「あなたのモラハラに疲れたから、もう離婚したい。離婚届も置いてるからハンコ押しといて。」

「モラハラ?離婚届?」(そういえば、なんか紙が入ってたな。。。)

「とにかく、はやく別れたいんですけど!」

「ちょっと、まって!昨日は実家にいなかったじゃん。どこ行ってた?」

「・・・。友達のとこに相談に行ってた。関係ないじゃん。今度取りに行くから離婚届をかいといてよ!」

ここで、電話を切られたそうです。かけ直しいましたが、もうつながりません。

 

ご主人は困ってしまい、奥さんを知っている女性の友人に相談したところ、

「うーん、詳しいことは言えん。気の毒だけど。でも、調べてもらった方がいいかも。」

と言われ、それ以上は知らないといって電話を切られてしまいました。

 

調査の結果にご主人は…

 

さっそく奥さんの勤務先(食料品店・パート)から調査を開始。

 

本人は、16時に仕事を終えて保育園に息子を迎えに行きます。

その後は、まっすぐ実家に帰宅。21時まで監視を続けますが動きはなし。

 

念のために24時までは見た方が良いと打ち合わせをしていたところ、21時30分に本人が一人で車に乗って自宅を出ました。

行った先は、勤務先に割と近い場所にあるワンルームのアパート。

その部屋のカーテンの色や、夜なのに取り込んでいない洗濯物とそのTシャツの柄などから、女友達ではなさそうです。

 

その後、夜中の1時頃に本人はアパートを出て実家に帰宅。

朝からその部屋を見ていると、40歳代の男性が出てきて、奥さんと同じ職場に出勤。

 

それをご主人に報告。

「そういえば、半年くらい前に職場の上司の名前がよく出てたけど、最近、言わなくなりました。その人だと思います。」

お店の店内で名札を確認すると、まさにその人でした。

 

さらに、日曜日。

朝から調査をすると、奥さんは4歳の息子を連れて男性のアパートに遊びに行きました。

そして、昼から三人で公園に出かけましたが、息子さんが男性にかなりなついているので、別居してから初めて会ったとは思えません。

 

「かなりショックです。男がいたこともショックですが、まさか息子まで。。。」

 

解決に向けて

 

女性の場合は、浮気というより本気の場合が多いので、「ご主人が気がついた時にはすでに離婚の準備が整っている」ということが多いです。

気持ちの面では、修復に向けて動くのは難しいですが、不貞の証拠があれば簡単には離婚になりません。

最初は全く話し合いにならなかった奥さんも、証拠取られたことで態度が変わりました。

それは、浮気を反省しているというより、相手の男性に慰謝料請求をされたくないからなのです。

それでも話し合いは有利に進めることには間違いないです。

 

調査期間:約2週間
調査内容:不貞の証拠(アパートの出入り4回撮影)+相手男性の素性(勤務先等)
調査料金:45万円
※調査料金は、調査状況によって変わりますのでご相談ください。

 

【調査事例】別居しても不利になりませんか?

奥さんからの相談で、このような相談がありました。

「夫が浮気をしているのですが、一緒に生活するのが苦しいから実家に帰りたいんです。でも、それって私が不利になりませんか?」

こういった相談はよくあります。

 

夫が浮気をして、そのことを本人に問いただしたら逆ギレ。夫婦仲が悪くなる一方で、一緒に生活すると動悸がして苦しい。

4歳の娘を連れて実家に帰りたいけれど、離婚になった時、出ていったのが自分の方だから不利になるのではないか?という事です。

 

別居をしたからといって、それが不利になることはありません

 

結論から言うと、奥さんが子供を連れて別居したとしても、それで立場が不利になることがありません。

また、別居中でも夫の「不貞の証拠」を押さえれば、それでかなり有利に立てます。

 

夫が浮気をしている場合、奥さんに対してモラハラやDVをするケースがあります。(奥さんから離婚を言い出させようと考えていることもあります。)

奥さんは、一緒に生活するのが苦しくて別居したいのですが、不利になるからといって我慢して一緒に生活してしまいます。

しかし、それで不利になることはないですし、なにより、自分の心と身体を守ることが一番大切です。

 

真面目な人ほど、「逃げるのはよくない。悪いことだ。」と思い込みがあります。

しかし、「逃げる」ことは、とても大切な勇気ある行動です。

 

【調査事例】夫と離婚はしたくないのですが、浮気相手に慰謝料請求って出来ますか?

先月、調査した依頼者(女性32歳主婦)の方は、最初の相談で「浮気相手には、慰謝料請求はしたいのですが、離婚はしたくないです。」との事でした。

家族構成は、夫(30歳・会社員)息子(2歳)、半年前に家をローンで建てたばかりで、小さな子供もいるし、経済的に困るので離婚は避けたい。でも、このまま浮気をほっとくのも辛い。

奥さんが浮気に気がついたきっかけは、ご主人の帰宅時間が遅くなった事と、LINEでのやり取りでした。

相手の女性は、会社の同僚で奥さんも知っている女性でした。

 

夫と離婚はしなくても、浮気相手に慰謝料請求は出来ます。

 

今回のケースのように、金銭的な理由や精神的な理由で、夫の浮気が発覚しても離婚をしない奥さんは多いです。

でも、浮気をだまって見過ごすわけにはいかないので、やはり相手には慰謝料を請求するなりの社会的な制裁は加えたほうがよいでしょう。

 

夫との夫婦関係を聞いてみないと分かりませんが、「浮気相手に慰謝料を請求したら、主人がキレて離婚になると思います。」と言われている場合でも、実際にやってみると、最初はキレたりしますが最終的には浮気を認めて相手と別れるケースがほとんどです。

しかも、法律では有責配偶者(離婚の原因をつくった人)からの離婚請求は原則認められないので、奥さんが離婚をしたくないのであれば、不定の証拠はお守りにもなります。

 

今回のケースも、奥さんは弁護士に依頼をして、浮気相手と慰謝料の示談交渉をしました。
結果は、相手女性から150万円の慰謝料を受け取りました。

最初は、キレていたご主人も、会社にバレるとまずいということになり、相手女性と別れることを約束しました。

 

離婚になることを恐れてはいけません

 

相談に来られる方の中には、離婚になることを恐れて、なにも行動出来ない方もいます。

しかし、浮気の問題を放置して、自然と問題が解決するようなことはありません。

 

勇気がいると思いますが、なんとかなると信じて一歩踏み出せば、必ず早期解決になります。

 

調査期間:1週間程度
調査内容:証拠(ラブホテル2回)
調査料金:191,000円
※調査料金は、調査状況によって変わりますのでご相談ください。

 

【調査事例】浮気相手といつから交際していたか知りたい!

「浮気相手といつから交際していたか知りたいのですが、それってできますか?」という質問を受けることがあります。

今回は、実際の事例を交えて書いています。

 

いつから交際していたか?を知りたい

 

3ヶ月前に依頼をされた奥さんから、「旦那が、いつから浮気をしていたか分かりました!」と連絡がありました。

その案件は、まず、調査をして旦那さんと女性がホテルに入った証拠を2回押さえました。

そのどちらも、パチンコ店の駐車場で待ち合わせをして、すぐにホテルに入り、2時間過ごすとすぐに別れる。というパターンでした。

デートをしているようすもなく、本当に体の関係だけという感じでした。その様子から、交際期間が長いことが予想されましたが、奥さんは「いつから交際していたのか?」を具体的に知りたがっていました。

 

証拠をつかんだ奥さんは、旦那さんには一切そのことは話さずに、相手女性の勤務先に押しかけこういいました。

「○○の妻です。ご存知ですよね!旦那から話をすべて聞いたんだけど、あなたからも直接話しを聞きたかったから来たんだけど。」

「え?は、はい。」

「旦那の話とあなたの話が食い違ってたら、また旦那に確認して、こうやってあなたの勤務先に何度も何度も来ないといけなくなるから、正直に話してくれる!」

「はい、わ、分かりました。」

「さっそくだけど、旦那とはいつから交際してるの?」

「えっと、えっと、だいだい15年くらい前からです。」

「そのようね。」(うっそー!!マジ?結婚当初からじゃん!!!)

「でも、途中、5年くらいは別れてましたから!」

「で、また付き合いが始まったのね?」(いやいや、別れてましたじゃねーだろ!!)

「すみません、本当に許してください!」

「今日は事実確認だけだから、あなたが正直に話してくれたら考えてもいいけど、今日は全部話してもらいますからね!!」

「分かりました。全部話します。」

 

こういった話のやり取りで、相手女性から交際開始から最近の交際の様子まで、すべてを聞き出したのでした。

 

奥さんは、旦那さんが結婚当初から浮気をしていたのがショックで、しかもその交際内容が酷かったので、離婚を決意したそうです。

もし、先に旦那さんに証拠を見せていたら、相手女性と口裏を合わせてしまい、真実は聞き出せなかったでしょう。

 

こういった方法で、相手から情報を聞き出して、それをもとに今後のことを決断する方もいます。
調査後の報告書の使い方や、話の方法はとても大切なので、調査後の相談もお任せください。

 

引き受ける調査と引き受けない調査

散歩途中でふと見上げると、気持ちの良い秋の空です。

今回は、「引き受ける調査と引き受けない調査」について書きます。

 

さて、いきなり結論ですが、当社は「浮気調査が専門」で、それ以外の調査は一切受けていません。

しかも、家族間や夫婦間での依頼だけなので、「交際している彼女を調べたい」など第三者からの依頼はお断りしています。

 

えっと、これで話が終わってしまうのもなんなので、もう少し大切なことを…。

 

難しい調査と簡単な調査

 

調査対象者が警戒しているとか、他社で証拠が取れなかったというような難しい調査は大歓迎です。

性格的に、そういった仕事を粘り強くやるのが好きです。

 

もちろん簡単な調査も引き受けますが、相談の時点でご自分でも出来るようなケースは、やり方だけをアドバイスすることもあります。

 

信頼できる人の依頼しか受けてません

 

たまにいるのですが、電話で「調査料金はなんぼ?金は出すから、ちょっとしらべてくれんか?」と横柄な態度の人や、「理由は言えないけどある人を調べてほしい」という怪しい人など、そういったのはお断りしています。

上の例はごく稀な例ですが、「こっちは客だ。金さえ出せば、なんでもやってくれるだろう。」と考えている人はけっこういます…。

 

私は、本当に困っている人の役に立ちたいという想いから探偵の仕事をしています。

調査には責任を持っていますし、その後の解決まで取り組みます。

 

一部の人からは「客を選ぶなんて、えらそうだ」と言われますが、僕は依頼者との信頼関係を大切にしているからこそ、それが出来ない人の仕事はお断りしています。