いつものトレーニングで思うこと。ボーっとする時間の大切さ

パートナー(コーギー・♀)と、いつもの里山にトレーニングに行きました。

今日は軽く(?)2時間ほどの散歩。草や木々がすっかり夏の姿になっています。

この仕事は、体力と集中力が必要なので、時間を作っては筋トレやランニングをして、体を整えています。

また、ただ自然の中を楽しそうに走り回る彼女をみていると、自分も心を空っぽにできて、気持ちが穏やかになります。

そういえば、ちょうど今朝のラジオで、「ボーとすることの大切さ」という話が流れていました。

昔の子ども達は、30分くらいで「ひまだなぁ~」と感じていたそうですが、現代の子ども達は、30秒で「ひま!退屈!」と感じてスマホを触りだすそうです。

たしかにその通りだと感じますし、大人でもすぐにスマホを取り出して画面を眺めてしまいます。

 

人は、ボーっとする時間があることで心が落ち着き成長するそうです。

 

悩みがあって、辛いときや苦しいとき、いろいろと考えたり調べたりしてしまいがちです。

でも、あえて何も考えずにボーっとする時間を作ってみることが大切なんでしょうね。

 

 

   関連記事はコチラ