探偵さんは暗い所でも撮影できますか?

先日、「暗い所でも撮影できますか?」という質問を受けました。

なんでも、自分でご主人の車を尾行をして、ホテルに入っているのを見つけたのですが、いざ写真を撮影しようと思っても、ホテルの中が暗くてはっきり撮影できないので諦めたとのこと。

プロならしっかり撮ってくれるかもしれないと思い、依頼に来られたのでした。

 

これは気になる方も多いと思いますので、さっそくどんな写真が撮影できるか、以下にサンプルを載せます。

【まず普通のカメラでの撮影】
探偵の証拠撮影 普通のカメラの写真
車のシルエットはなんとなく分かりますが、車内の様子はまったく分かりません。
注)プレート部分の白い枠は、ナンバーを隠すためにあとから加工しています。

 

【ビデオカメラで撮影】
探偵の証拠撮影 特殊なカメラで撮影
暗い場所に強いハイビジョンカメラで撮影した場合。
なんとなく車内も見えてきましたが、それでも人の顔などは分かりません。

 

【高感度カメラで撮影】
探偵の証拠写真 撮影写真 暗い所でもしっかり撮れます
探偵の使うカメラでは、このように肉眼では見えない暗闇もきれいに撮影ができます。さらに明るく出来るので、車内もハッキリ撮影できます。

このカメラも特殊カメラというよりは、ソニーの市販の一眼レフカメラなので、誰でも手に入れることができます。(価格は本体とレンズをあわせて50万円くらいですが…)

 

このように、暗い場所でも撮影は可能で、特にホテル内の駐車場となれば真っ暗闇ではないので、ほとんどの場所で撮影可能です。

それよりも、探偵にとって大切なのは暗いかどうかより、上の写真のように「バレずに正面から撮影できるかどうか」です。

 

ホテルで撮影する場合、調査対象者だけではなく、ホテル従業員にも気がつかれないようにしないといけません。

また、公園の駐車場で密会する場面を撮影する時は、草むらや茂みの中を隠れて近づき、正面に回り込んでバレないように撮影することが大変です。

 

難しいケースは、自分で尾行してバレていたり、相手を問い詰めて警戒されて、調査対象者が用心するケースです。

この場合、探偵でも気がつかれないように調査することはなかなか困難です。

「調査を依頼する前に気をつけること」にも書いていますが、浮気調査を依頼する前や依頼中は、出来るだけ相手を警戒させるような言動は控えて下さい。

   関連記事はコチラ