離婚はどちらかというとマイナスイメージですが、良い離婚だってあります!


早いものでもう3月。そして、3月といえば卒業式シーズン。

卒業には「別れ」がつきものですが、僕は別れは悲しい事ばかりではなく、良いこともたくさんあると思っています。

今回は、1年ほど前に依頼された方から、その後、無事に離婚が成立しご報告があったので、そのことについて書きます。

以下、LINEの一部を抜粋しています。

『長いような短いような戦いにも一区切りつき、生活も少しずつ落ち着きつつあります。本当にいろんなことがありましたが、結果言えるのは、あの人と離れられてよかった。です(笑)あの頃の自分より、今の自分の方が大好きです!
いつも真摯に相談に乗ってくださり、ありがとうございました。とても心強かったです。あの頃は私がおかしいのかな?と思うくらい(私もおかしいところはあったのですが、、)、洗脳に近い状態だったので、第三者としての言葉にとても励まされました。』

 

最初に相談に来られた時には、調査依頼というよりも離婚についての相談という感じでした。

なんでも、ご主人が浮気をしているのは確実で、しかも奥さんに「別れてくれ」と言い出し、その条件が「結婚前に借りた50万円を返すから」というもの。

奥さんは「けっこういい条件じゃないかと思うんで、このまま何もせずに離婚に応じるのもアリかなと思うんですが、悩んでいます。」と言われました。

それを聞いてびっくりした僕は「それってぜんぜん良い条件じゃないですよ!」と言ったのを覚えています。

 

まず、浮気をして離婚をするのに、50万円って安すぎます。しかも、その50万円ってもともと貸したお金です(*_*;

人からお金を借りたら返すのは当たり前ですし、奥さんはご主人のことを信じて結婚して、命を懸けて出産をし、一生懸命に子育てをしてきました。

なのに、好きな人が出来たから50万円で別れてくれって話になりません。いや、1000万円でも割に合いません。

(そう考えると日本の慰謝料の相場って100~300万円くらいなので、とても金額が低いと思います。)

 

しかし、もっと大切なことは、金額の問題ではありません。

以前ブログにも書きましたが、相談に来られる方の中には、自分の価値を低く見積もっている方がたくさんいます。

「自分なんて浮気もされるし、愛されてないし、なんの価値もない・・・」

そんなことはないんです。

それは、自分のことをそれくらいにしか扱わないその相手が悪いんです。

 

その人のそばにいるから、自分が価値のない人間だと思えてしまってるだけなんです。

そんな人のもとからさっさと離れて、自分のことを本当に大切にしてくれる人たちに囲まれて暮らすほうが、絶対に幸せです。

それでも「いいえ、自分の周りには、そんな人はいません。」とも言われる方もいます。

 

でも、そんなことはありません。

今は、その環境にマヒしてしまっているだけです。

その環境に別れを告げたら、必ず新しい素敵な出会いがあります。

 

「離婚」や「別れ」って、どうしてもマイナスなイメージですが、新しい出会いを手に入れるための準備なんだと思います。

そして、自分の価値を分かってくれる人たちと出会ってください。

 

椎名林檎「ありあまる富」
藤井風さんのカバーが好きなので、そちらをリンク張っています。
ぜひ聴いてみて下さい。

 

 

夫と話し合いをしたい!その時に「言ってはいけない事」ってありますか?

浅口市寄島町にて

調査の合間に一休み。山や海など少しでも自然に触れると気持ちがリフレッシュします。

 

さて、先日、調査の報告をしていた時に、タイトルのような相談を受けました。

夫の浮気調査を依頼された奥さん。

これから離婚するのか、修復するのか、しっかりご主人と話し合いをしないといけないのですが、その時に、「言ってはいけない事ってありますか?」という質問を受けました。

 

このような質問はよく受けますが、結論から言いますと大切な話し合いの時ほど「言ってはいけない事」ってありません。

 

普段は相手のことを気遣って、「言っていい事」と「言ってはいけない事」を考えて話をすると思います。

でも、こういった気遣いをする人は、日頃から言いたいことが本音で話せていない傾向があります。

 

夫婦になると、「言わなくても相手は分かっているだろう」とか、「言うと相手の機嫌が悪くなるし」など、いろいろな理由で本気で話し合うことが少なくなります。

腹を割って話をするというのは、本当にエネルギーが必要ですし大変です。

でも、時には気持ちを正直にぶつけてみることが大切です。

 

追伸)

話し合いのタイミングは?

それも『思い立ったが吉日』です。

ぜひ、チャレンジしてみて下さい!!

 

 

悩む時間は短めに。一度しかない人生を「死ぬまで健康」に過ごしましょう!

いつもの里山散歩。景色の良い場所でコーヒー淹れて飲んでいると、ほうきを持った85歳の方と世間話になりました。

なんでも大病がきっかけで歩き始め、今では里山の世話と掃除をするために、40年以上も毎日通っているとのこと。

山のことを楽しそうに話すその姿は、とても元気で若々しかったです。

 

そういえば、夫婦問題や家族問題、その他にもいろいろな「心の病気」になると、真っ先に心療内科やカウンセリングを思いつきます。

でも、それと同じくらい大切なことは、日々の「食事」と「運動」です。

心と体は繋がっています。「食事」と「運動」に気を付けて体を整えると、自然と心も健康になります。

そういえば先日おもしろい本を読んだので、健康に興味のある方は、ぜひ読んでみて下さい。

『老いなき世界』(デビッド・A・シンクレア著)

僕も「不老不死」までは望まないですが、一度しかない人生を「死ぬまで健康」で過ごしたいです。

 

#夫婦問題 #家族問題 #心の病気
#カウンセリングは大切だけど
#食事と運動も大切

#LIFESPAN #ライフスパン
#老いなき世界 #デビットAシンクレア
#健康寿命を延ばす

 

これからの人生を判断するとき「お金」の問題も大きいですが、不安だからという理由だけで判断しないでください。

浮気離婚お金の問題
一瞬で人生を変えるお金の秘密『happy money』(本田健著)

日頃、相談を受けていると、「離婚をするか」「修復するか」など、これからの人生を判断するときに、お金の問題で悩む方も多いです。

家のローンをどうする?子どもの教育費は?生活費はどうする?などなど、考えたら不安だらけですよね。

でも、ただ単に「お金がないから」「不安だから」という理由だけで、これからの将来を決めないで、「もしお金の不安がなければ、自分はどうしたいのか?」と考えることも大切です。

 

今の自分のお金の価値観や感情は、幼いころの影響を強く受けています。

たとえば、親や身近な大人の態度や一言で、お金に対するネガティブな感情を抱くこともあります。

そういった、過去の出来事と向き合うことで、今のお金に対する感情が変わってきます。

 

今回紹介する本書『happy money』(本田健著)には、以下のようにあります。

「過去を振り返るのはつらく、苦しいかもしれませんが、根本的な原因ー今のあなたのお金との関係や、お金について無意識のうちに信じ込み、それを生み出した原因を理解してください。いかに人生を支配されているかを理解し、癒していけば、あなたの心も軽くなり、ずっと幸せになれるでしょう。」(本文より)

 

これは、お金だけではなく、「不安」と向き合うときにも効果があります。

「お金」や「不安」は生きていくうえで必要なものです。だからこそ、感情にながされず、上手に付き合うことが大切です。

 

#一瞬で人生を変えるお金の秘密
#happymoney #KenHonda #本田健
#読書好き #おすすめの本
#読書は人生を豊かにする
#認知行動療法 #夫婦問題 #家族問題

 

 

新しい暮らしを手に入れたい!人生を再スタートしたいと思った時に大切なこと

岡山県 探偵 営業担当のコーギー
いつもの里山トレーニング。体を動かすと頭の中がスッキリします。

昨日の岡山市内は長い雨がやみ、もう春の訪れ?というくらい、暖かな日差しでした。

 

さて先日、調査が終了し報告をしたのですが、同じような状況の方の参考になればと思い、そこでの内容を少しお話します。

まず今回のご依頼者は奥さんで、ご主人の浮気調査でした。

結婚してから20年以上経ちますが、夫は当時から子育てや家庭のことはほとんど協力してくれませんでした。

奥さんも、子どもが小さいうちは、毎日が一生懸命で忙しく、あまり考える余裕はありませんでしたが、ようやく子育てが落ち着いてきて、ふっと考えたとき、こんなふうに思うようになりました。

「このまま、この人(夫)と一緒にいて良いんだろうか?しかも、浮気もしてるし。。。新しい人生を選んだ方がいいかも。」

そこで思い切って、調査依頼に来られたのでした。

 

調査結果は予想通りクロだったので、離婚は決意した奥さんなのですが、これから先、仕事のことや生活のこと、今住んでいる家など、いろいろなことを考えたら、なんとかしなきゃいけないんだけど、何からやったら良いのか分からない状態になってしまい、立ち止まってしまいました。

この状況は、とてもよく分かります。

 

今の現状を変えるには、何かを始めなきゃいけないし、何かを手に入れなければ脱出することはできない!と思って焦ってしまいます。

でも、何からやったらいいのか、先に進めない不安から、かえってやる気がなくなってしまいます。

 

ここからはアドバイスなのですが、

人は誰しも自分の『器』(うつわ)を持っています。

みんなその器を大きくすることに一生懸命になりますが、もっと大切なことは、その器の中身を減らすことです。

 

いま自分が持っている器の中には、もう沢山のモノが入っていて、新しいものが入る場所がありません。

ですから、何か新しいものを手に入れたいのであれば、いま持っているもの、いま抱えているものを手放さないといけません。

 

それは何もモノだけではありません。

自分の頭の中にいっぱい詰まってる「考え」や「不安」も同じです。

先のことが不安になったとき、何かを手に入れたいと思ったとき、まずは自分が持っているものを手放すことに集中してください。

いま抱えているものを手放したとき、必ず新たな素敵なものが手に入ります!

 

#新しいものを手に入れるには
#今持っているものを捨てる
#断捨離 #シンプルライフ
#散歩は心と身体に良いクスリ