慰謝料請求はいつが良い?効果的なタイミングは?

興信所の報告書 サンプル
当事務所の報告書。決定的な場面を逃しません。

不倫が原因で離婚になるとき、一般的には離婚の話し合いと一緒に、相手に対して慰謝料を請求します。

ところが、意外と知らない方が多いのですが、不倫の慰謝料請求は、離婚が成立してからでも可能です。

そして場合によっては、離婚をしてから様子を見て、慰謝料を請求した方が良いケースもあります。

今回は、実際に当社に依頼された方のケースを参考にお話しします。

ケース①父親が親権を取りたい場合

ご依頼者は、30代のご主人。息子が二人。

奥さんが突然離婚を言い出し、普段の様子から怪しいと感じていたご主人は、調査を依頼しました。

結果、奥さんは出会い系で知り合った男性との不倫が発覚。

ご主人の気持ちとしては、奥さんと相手男性に対して慰謝料を請求して、離婚をしようと思いました。

しかし、小学生の息子二人の親権を取りたいので、離婚を悩みました。(親権争いになると母親が圧倒的に強いです。)

そこで、まずは奥さんが離婚を望んでいるので、不倫のことは話に出さず、息子たちの親権をもらう条件で離婚を成立させました。

浮かれていた奥さんは、その条件で快諾しました。

その後、奥さんが家を出てから2か月が経過。

ご主人と息子さん二人の生活が落ち着いてから、元奥さんと浮気相手に対して慰謝料を請求しました。

このようなケースでは、先に慰謝料請求の話を出すと、相手男性が逃げてしまい奥さんも離婚を撤回する場合があります。

いまさらな感じで腹も立ちますが、実際にそういうケースはあります・・・(-_-;)

または、急に「親権は渡さない」と嫌がらせをしてくることもあります。

このようなケースでは、先に親権を決めて離婚をし、その後、様子を見てから慰謝料の請求をする方がうまくいく可能性が高いです。

ケース②夫にDVがある場合

ご依頼者は、20代の奥さん。娘は2歳。

以前からご主人のDVとモラハラで悩む。そこに浮気の問題が出てきたので、調査を依頼しました。

調査の結果、ご主人は職場の女性と不倫をしていたことが判明。奥さんは離婚を決意しました。

この場合も、夫のDV・モラハラがあるので、先に離婚をした方が良いケースです。

先に不倫のことや相手女性に慰謝料請求すると、ご主人が逆ギレして奥さんに身の危険があります。

ですから、まずは離婚を成立させて安全な場所に別居してから、慰謝料の請求をするようにしました。

慰謝料請求のタイミングはケースバイケース

浮気の証拠が出てきたら、今すぐにでも話し合いたい!慰謝料請求をしたい!という気持ちはよくわかります。

しかし、上記ケースのように「何を一番優先するか?」によって、慰謝料請求のタイミングが重要になってきます。

不倫の慰謝料請求の時効は、『配偶者の不貞行為および浮気・不倫相手を知った時から3年間』とされていますので、感情に流されず、慌てずに、もっとも効果的なタイミングで行いましょう。

これまでに依頼をされた方の事例が多数ありますので、具体例を交えてアドバイスします。

お気軽に相談ください。

 

 

 

浮気の兆候は?きっかけは?それはやはりスマホです!

3月4月は、男性からの依頼で「奥さんの浮気調査」が多かったです。

以前のブログにも書きましたが、女性の場合は「浮気」というより「本気」の場合が多いので、修復というのがなかなか難しいです。

また、ご主人のほうが「親権」を欲しいと思っていても、無条件で奥さんの方にいくケースが多いと感じます。

 

そんな中、先月に調査結果を報告した男性の方から、「無事に離婚が成立し、親権も取れました!」という報告を頂きました。

この方は、調査と同時進行で弁護士さんにも依頼をしていたので、かなりスムーズに解決をしました。

 

あと、詳しい内容はご依頼された方の承諾を得られたら、またブログに書こうと思いますが、実はまだ解決していない部分も少し残っています。

 

まだ解決していない部分というのは、奥さんには「本気」の男性以外に交際している男性が複数いました。(こうなると「本気」ってなんだろうとか思いますが(*_*;)

もうしばらく相談しながら一つ一つ解決していきます。

 

これも近年の特徴ですが、スマホが身近になったおかげで「出会い系アプリ」を使って浮気相手と出会うケースが増えています。

ですから、交際相手の特定が難しかったり、さらに相手が複数いる場合があります。

本当によくある浮気の兆候ですが、「スマートフォンを肌身離さずもっている」とか「家でもスマホでゲームをしている」という場合は、気を付けたほうが良いでしょう。

 

新型コロナウィルスの感染拡大予防で自粛の中、自宅でテレビやネット動画の視聴時間が増えているようです。

でもそんな時こそ、テレビやスマホを閉じて、ゆっくり家族と過ごす時間を大切にできたらと思います。

 

 

 

浮気の事実を勤務先に伝えたいのですが、効果はありますか?

浮気調査不倫調査といえば岡山の興信所問屋町探偵社へ

今日も、なかなか忙しい1日でした。午前中は浮気調査の相談があり、午後は1年に1回ある岡山県警の立ち入り調査。それが終わってコーギー部長と里山トレーニングに行き、夜は仕事で0時を回ったところで帰宅です。

 

さて、タイトルにあるような質問をよく受けます。「パートナーや浮気相手に社会的な制裁を加えたい」という場合や、「職場の上司に浮気をやめるように注意してもらいたい」という場合など、様々な目的があります。

しかし、結論から言いますと、以下の二つの理由で勤務先には伝えない方が良いです。

 

ひとつは、浮気の事実を勤め先に告げることで、プライバシー侵害として浮気相手からも損害賠償を請求される可能性があるという理由。

そしてもう一つは、会社の業務と不倫とは関係がないので、会社(上司)は積極的に解決に乗り出してくれることはなく、「会社に秘密をばらされた!」と夫と不倫相手が逆ギレしただけになるという理由です。

 

特に責任感のない夫は、会社にも不倫をばらされ、両親にも不倫をばらされ、義両親にもばらされたとなると、八方塞がりになってしまい、話し合いどころかその場から逃げてしまいます。

それに、以前もブログに書きましたが、夫の両親に相談してもなんの解決にもならないことがほとんどです。

 

『夫の両親に相談したのですが…。』

 

浮気の問題だけではないですが、夫婦の間で何かトラブルが起きたときに、逆ギレする夫を育てたのはその両親です。

その両親に夫のことを相談しても、解決できるはずもありません。

 

ですから、浮気の事実を勤務先には言わずに、「ちゃんと話し合いをしなかったら勤務先に言うよ!」という脅しの材料として使っていく方がまだ良いです。

 

あなたの夫は逃げるタイプですか?それともちゃんと責任を取るタイプですか?それによっても、調査後の話し合いの仕方も変わってきます。

 

 

「不貞の証拠って何回くらい押さえたらいいですか?」とよく質問を受けます。

岡山市 裁判所

この週末はかなり暑かったので、今日の雨はなんだかホッとします。

現場に移動中、岡山地方裁判所(岡山市北区南方)前を通過した時、ちょうどタイトルのような質問を受けたので、今回はそれについて簡単に書きます。

 

「ネットで調べたら、不貞の証拠って複数回必要とあったのですが、どのくらいあれば良いですか?」という質問は、本当によく受けます。

さっそく「ウィキペディア(Wikipedia)」で『不貞行為』について調べると、以下のようにあります。

判例上の「不貞行為」
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。しかし、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在する。

「ウィキペディア(Wikipedia)」『不貞行為』から抜粋

 

実際にこれまで依頼された方の事例でも、おおよそ上記の通りで、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要になるケースや、たった1回の証拠で相手から慰謝料が取れたり、離婚を有利に進めることができたケースもあります。

これは弁護士さんによっても「複数回あったほうがよい」という場合や、「1回で十分」という場合があり、相談の状況によっても違ってきます。

 

では、いったいどうしたらいいの?と悩まれると思いますが、ひとつの目安としては、1回の不貞の証拠で相手が素直に認め、慰謝料を払ったり、こちらの条件を受け入れるかどうか?です。

もし、なかなか認めないタイプの相手だったら、念のために反復した不貞行為(複数回の証拠)を証明する必要があるでしょう。

 

夫の浮気が原因で離婚する場合、離婚前にしっかり取り決め事をしておいた方が良い理由

浮気が原因で離婚をする場合は、契約書をしっかり交わした方がよい。

調査をして、浮気の事実がはっきりしたら「即離婚したい!」という方がいます。

先日、5歳と2歳の男の子を連れて調査を依頼された方も、同じようなことを言われました。

「浮気をされている今の状態が苦しいので、一刻も早く別れて楽になりたい」とのこと。

 

しかし、僕のアドバイスとしては、その気持ちはとてもよく分かりますが、特に小さな子どもがいる場合は、感情に任せてすぐに離婚をするのではなく、慰謝料や養育費などしっかりと取り決めをしないといけません。

 

理由は、浮気が原因で離婚をした夫が、数年したら子どもの養育費を払わなくなったというケースをたくさん見て来たからです。

 

その方も最初は、「主人は、わりと責任感はあると思うので、子どもに対しては養育費をちゃんと払うと思います。」と言われてました。

でも、はたして本当に責任感のある人が、浮気をしたあげく、奥さんと二人の子どもを捨てるでしょうか?

 

浮気がバレたら逆ギレして、「早く離婚届けに判を押せ!」という人が、ちゃんと子どもの養育費を払うとは、とうてい思えません…。

しかも、夫が離婚後にその浮気相手と再婚したら、しばらくするとその女性から

「前の奥さんにお金なんか払わないでよ!うちも家計が苦しいんだから!!」

などと言われるのは簡単に想像できます。

 

離婚をして、もらえる慰謝料や養育費は微々たるものかもしれません。

でも、例えば、子ども二人の1か月の養育費が5万円だとします。

すると、1年間で60万円。

10年間では600万円。

子どもが大学を出るまでの20年間だと1200万円にもなります。

 

今は、感情的になっていて、一刻も早く離婚をしたい気持ちは分かりますが、長い将来のことを考えると、絶対に離婚に関する条件をしっかり取り決めてからの方が良いでしょう。