浮気の兆候は?きっかけは?それはやはりスマホです!

3月4月は、男性からの依頼で「奥さんの浮気調査」が多かったです。

以前のブログにも書きましたが、女性の場合は「浮気」というより「本気」の場合が多いので、修復というのがなかなか難しいです。

また、ご主人のほうが「親権」を欲しいと思っていても、無条件で奥さんの方にいくケースが多いと感じます。

 

そんな中、先月に調査結果を報告した男性の方から、「無事に離婚が成立し、親権も取れました!」という報告を頂きました。

この方は、調査と同時進行で弁護士さんにも依頼をしていたので、かなりスムーズに解決をしました。

 

あと、詳しい内容はご依頼された方の承諾を得られたら、またブログに書こうと思いますが、実はまだ解決していない部分も少し残っています。

 

まだ解決していない部分というのは、奥さんには「本気」の男性以外に交際している男性が複数いました。(こうなると「本気」ってなんだろうとか思いますが(*_*;)

もうしばらく相談しながら一つ一つ解決していきます。

 

これも近年の特徴ですが、スマホが身近になったおかげで「出会い系アプリ」を使って浮気相手と出会うケースが増えています。

ですから、交際相手の特定が難しかったり、さらに相手が複数いる場合があります。

本当によくある浮気の兆候ですが、「スマートフォンを肌身離さずもっている」とか「家でもスマホでゲームをしている」という場合は、気を付けたほうが良いでしょう。

 

新型コロナウィルスの感染拡大予防で自粛の中、自宅でテレビやネット動画の視聴時間が増えているようです。

でもそんな時こそ、テレビやスマホを閉じて、ゆっくり家族と過ごす時間を大切にできたらと思います。

 

 

 

これまでに依頼をされた方の体験談は参考になりますし、同じ状況の方が頑張っている話は本当に心強いと思います!

昨年、依頼をされた方から、「無事に解決しました!」というメールを頂き、しかも、ホームページで紹介しても良いですか?というお願いに、

「ぜひぜひ私の事で良ければ、なんでも出してください!」と、ありがたいお返事を頂いたので、さっそく以下に紹介させて頂きます。(※個人情報はふせています)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ご無沙汰しております。
お元気にされていますか?

10月に調停で無事に離婚が成立しました。
子どもたちも改姓がすみました。

養育費でなかなか折り合いがつかず、私だけなら正直心が折れていたと思いますが、弁護士さんがいてくださったおかげで算定表通りの額で決着がつきました。

婚姻費などの支払いも含め、先日やっと全てが終わりました。

私の選択は間違っていなかったと思えるくらい、その後も色々やらかしてくれ、最後は離婚以外の選択肢はないのかと、今更なことを言われたり、

現在は何故かブチギレていて必要な連絡も返さないような状態ですが、子どもと面会もしなくていいなら、もういいやと思ってスルーしています。笑

支払いも期日をオーバーしたり、弁護士さんがいなかったら泣き寝入りしていたことが多かったと思います。

良い弁護士さんを紹介してくださって、ありがとうございます。

最初は実は弁護士さんの勢いにびびっていたのですが、私のような優柔不断なタイプには、はっきり言ってくださる弁護士さんで助かりました。

探偵さんにお願いする前は、失礼ながら後ろめたさがあり、なかなか踏み切れませんでしたが、あの苦しい時期に探偵さんが親切に丁寧に話を聞いてくださったおかげで、調査をお願いすることができました。

調査に踏み切ることに迷いはありましたが、もし調査を依頼するなら絶対オフィス78の探偵さんにお願いしようと最初から思っていました。

他の探偵事務所だったらお願いできていなかったと思います。

調査途中も心が折れそうになる私を励まして下さり、本当に感謝しています。

調査が終わった後も、弁護士さんとのこともいつも相談にのってくださり、暖かい言葉をかけて頂いて、本当にありがとうございました。

私の中で離婚を決断したのは、いちゃいちゃしている写真ではなく、あの2人でコンビニから出てきた時の満面の笑みをみた瞬間でした。

すーっと迷いが消えたことを覚えています。

ただ、浮気をしていたと聞いているだけなら、離婚に踏み切れてなかったかもですし、きっと同じことが何度もあって今も苦しい日々だったと思います。

本当に探偵さんに調査をお願いしてよかったです。

今毎日が平和すぎて、とっても穏やかです!!乗り越えてみれば、離婚もこんなもんかと思えます。

もちろん周りの支えあってのことですが。

時々探偵さんのブログを見させてもらって、元気をいただいています。

離婚の話を友達に報告する時に、いつも探偵さんの話で盛り上がりますし、写真もみんな綺麗すぎて驚きます!笑

いつも何かあったら(ないのが1番ですが)オフィス78の探偵さんに!!!と言っています。笑

母は調査報告書を家宝だといって大切にしていますし、弁護士事務所に一緒についてきてくれた友達(独身)は、探偵さんがカッコよすぎて結婚したいと既婚者の探偵さんに叶わない淡い幻想を抱いています。笑

言っても言っても伝えきれないと思いますが、本当に本当にありがとうございました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

こちらこそ、無事に解決して、しかもこんなに喜んでもらえて嬉しいです。ありがとうございます。

そうですね。夫婦問題、特に離婚にまでなりそうなケースだと、話し合いも長引くし、とても大変です。

しかも、相手が逆ギレしたり、まさかの今更な「復縁」を言い出したり…。

訳が分からなくって、本当に混乱することもあります。

そんな時、ひとりだと不安になったり、時には心が折れそうになる事もあります。

ですから、依頼された方にとって、調査だけではなく心の支えになればと思い仕事をしています。

 

そして、「私の体験をぜひ他の方にも共有してください」と言ってくださるのは、本当にありがたいです。

同じ状況の方が頑張っている話は、これから相談に来られる方にとって、とても勇気になると思います。

ブログに書けないことも多々あるので、聞きたい方はぜひ相談に来てみて下さい(^-^)

 

追記)

報告書を「家宝」にして頂けて嬉しいです!
お友達も、ありがとうございます(笑)
ええ、残念ながら既婚者です。すみません。
m(_ _)m

岡山の探偵 ランニング中 浮気調査はお任せください。

一昨日のランニング中に自撮り。

うーむ、「探偵さんは男前ですね〜。」とよく言われますが、仕事がら顔写真を公開できないのが残念です…( `ー´)ノ

自分でハードルを上げて(笑)こんな事を書いた以上、ブログを読んでお会いした方に、ガッカリされないよう日々トレーニングです…(汗)

「身」も「心」もフットワーク軽く、いつまでも「シュッ」としていたいですね。

 

 

 

「不貞の証拠って何回くらい押さえたらいいですか?」とよく質問を受けます。

岡山市 裁判所

この週末はかなり暑かったので、今日の雨はなんだかホッとします。

現場に移動中、岡山地方裁判所(岡山市北区南方)前を通過した時、ちょうどタイトルのような質問を受けたので、今回はそれについて簡単に書きます。

 

「ネットで調べたら、不貞の証拠って複数回必要とあったのですが、どのくらいあれば良いですか?」という質問は、本当によく受けます。

さっそく「ウィキペディア(Wikipedia)」で『不貞行為』について調べると、以下のようにあります。

判例上の「不貞行為」
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。しかし、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在する。

「ウィキペディア(Wikipedia)」『不貞行為』から抜粋

 

実際にこれまで依頼された方の事例でも、おおよそ上記の通りで、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要になるケースや、たった1回の証拠で相手から慰謝料が取れたり、離婚を有利に進めることができたケースもあります。

これは弁護士さんによっても「複数回あったほうがよい」という場合や、「1回で十分」という場合があり、相談の状況によっても違ってきます。

 

では、いったいどうしたらいいの?と悩まれると思いますが、ひとつの目安としては、1回の不貞の証拠で相手が素直に認め、慰謝料を払ったり、こちらの条件を受け入れるかどうか?です。

もし、なかなか認めないタイプの相手だったら、念のために反復した不貞行為(複数回の証拠)を証明する必要があるでしょう。

 

慰謝料請求や離婚を考えているなら、出来るだけ弁護士に依頼をした方が良い

今日は、依頼者の方と一緒に弁護士事務所に相談に行ってきました。

今回は、こちらの弁護士さんに相談に行きました。

『弁護士法人岡山中庄架け橋法律事務所』

ホームページはコチラ↓↓↓
架け橋法律事務所HP
↑とても分かりやすいHPです。また、弁護士さんには珍しく(?)、ブログを頻繁に更新しています。(日常のちょっとした話が面白いです!)

そして事務所の中は、これまた弁護士事務所には珍しく、おしゃれな雰囲気でリラックスして相談が出来ます。

 

相談に乗って下さった呉裕麻弁護士は、こちらの質問にテキパキと答えて下さり、お話がとても分かりやすいです。

また、以下のパンフレットとリーフを頂きました。

離婚調停の流れ リーフレット

『リコンのミカタ』『フリンのケジメ』

慰謝料請求は弁護士に依頼

「示談成立と慰謝料の受け取りまでの流れ」や「離婚解決までの流れ」などがイラストと図で分かりやすく描かれてあり、依頼をすると弁護士さんがどのように関わってもらえるのかが分かります。

何部か頂いたので、当社に相談に来られた方にはお渡しします!!

 

こんな方には弁護士に依頼することをお勧めします!!

 

頭の回転が速くて、口も立つ。しかも法律的な知識も大丈夫。という方なら弁護士に依頼をする必要はないでしょう。(実際に、過去にはご自分で浮気相手と交渉して、慰謝料500万円を取った方もいました。)

しかし、そんな人はまれだと思います。

ほとんどの方が、以下のような心配があると思います。

  • 自分の話す力に不安がある
  • 何を言わなければいけないのか,何を言ってはならないのかが分からない
  • 相手の方が口が達者で人面が良い
  • 気が弱くて押し切られそう
  • そもそも離婚に関する法的な知識が全くない
  • などなど…。

    また、以下のような方にも弁護士さんに依頼をすれば、代わりに対応してくれるので、大きなメリットがあります。

  • 離婚問題で自分自身が精神的に辛い
  • 相手がすぐに言葉の暴力をふるう
  • 仕事や育児などで忙しく、自分でいろいろと準備が出来ない
  • などなど…。

     

    何事もそうですが、できないことは素直にプロに頼む。そうすることで、スムーズに問題が解決します。

    とくに「夫婦問題」や「家族問題」は、当人同士だけで話し合っても、ただの感情のぶつかり合いで、解決までにズルズルと長引きます。

    さらに、そこに義理の両親なんかが加わってくると、ホントややこしい(*_*)

    ですから、多少の費用がかかったとしても、弁護士に頼んで素早く解決することのメリットが大きいです。