「不貞の証拠って何回くらい押さえたらいいですか?」とよく質問を受けます。

岡山市 裁判所

この週末はかなり暑かったので、今日の雨はなんだかホッとします。

現場に移動中、岡山地方裁判所(岡山市北区南方)前を通過した時、ちょうどタイトルのような質問を受けたので、今回はそれについて簡単に書きます。

 

「ネットで調べたら、不貞の証拠って複数回必要とあったのですが、どのくらいあれば良いですか?」という質問は、本当によく受けます。

さっそく「ウィキペディア(Wikipedia)」で『不貞行為』について調べると、以下のようにあります。

判例上の「不貞行為」
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。しかし、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在する。

「ウィキペディア(Wikipedia)」『不貞行為』から抜粋

 

実際にこれまで依頼された方の事例でも、おおよそ上記の通りで、一回だけではない反復した「不貞行為」の証拠が必要になるケースや、たった1回の証拠で相手から慰謝料が取れたり、離婚を有利に進めることができたケースもあります。

これは弁護士さんによっても「複数回あったほうがよい」という場合や、「1回で十分」という場合があり、相談の状況によっても違ってきます。

 

では、いったいどうしたらいいの?と悩まれると思いますが、ひとつの目安としては、1回の不貞の証拠で相手が素直に認め、慰謝料を払ったり、こちらの条件を受け入れるかどうか?です。

もし、なかなか認めないタイプの相手だったら、念のために反復した不貞行為(複数回の証拠)を証明する必要があるでしょう。

 

慰謝料請求や離婚を考えているなら、出来るだけ弁護士に依頼をした方が良い

今日は、依頼者の方と一緒に弁護士事務所に相談に行ってきました。

今回は、こちらの弁護士さんに相談に行きました。

『弁護士法人岡山中庄架け橋法律事務所』

ホームページはコチラ↓↓↓
架け橋法律事務所HP
↑とても分かりやすいHPです。また、弁護士さんには珍しく(?)、ブログを頻繁に更新しています。(日常のちょっとした話が面白いです!)

そして事務所の中は、これまた弁護士事務所には珍しく、おしゃれな雰囲気でリラックスして相談が出来ます。

 

相談に乗って下さった呉裕麻弁護士は、こちらの質問にテキパキと答えて下さり、お話がとても分かりやすいです。

また、以下のパンフレットとリーフを頂きました。

離婚調停の流れ リーフレット

『リコンのミカタ』『フリンのケジメ』

慰謝料請求は弁護士に依頼

「示談成立と慰謝料の受け取りまでの流れ」や「離婚解決までの流れ」などがイラストと図で分かりやすく描かれてあり、依頼をすると弁護士さんがどのように関わってもらえるのかが分かります。

何部か頂いたので、当社に相談に来られた方にはお渡しします!!

 

こんな方には弁護士に依頼することをお勧めします!!

 

頭の回転が速くて、口も立つ。しかも法律的な知識も大丈夫。という方なら弁護士に依頼をする必要はないでしょう。(実際に、過去にはご自分で浮気相手と交渉して、慰謝料500万円を取った方もいました。)

しかし、そんな人はまれだと思います。

ほとんどの方が、以下のような心配があると思います。

  • 自分の話す力に不安がある
  • 何を言わなければいけないのか,何を言ってはならないのかが分からない
  • 相手の方が口が達者で人面が良い
  • 気が弱くて押し切られそう
  • そもそも離婚に関する法的な知識が全くない
  • などなど…。

    また、以下のような方にも弁護士さんに依頼をすれば、代わりに対応してくれるので、大きなメリットがあります。

  • 離婚問題で自分自身が精神的に辛い
  • 相手がすぐに言葉の暴力をふるう
  • 仕事や育児などで忙しく、自分でいろいろと準備が出来ない
  • などなど…。

     

    何事もそうですが、できないことは素直にプロに頼む。そうすることで、スムーズに問題が解決します。

    とくに「夫婦問題」や「家族問題」は、当人同士だけで話し合っても、ただの感情のぶつかり合いで、解決までにズルズルと長引きます。

    さらに、そこに義理の両親なんかが加わってくると、ホントややこしい(*_*)

    ですから、多少の費用がかかったとしても、弁護士に頼んで素早く解決することのメリットが大きいです。