夫婦関係の修復に向けて、話し合いのコツは?

岡山の上空
岡山市北区にて

先週は、岡山市内も夕立が凄く、大雨と雷の中で調査もなかなか大変でした。

気がついたらもう8月。よくやく梅雨も明けて夏本番です。

探偵にとってはさらに辛い時期になりますが、今日も元気にやっていきます。

 

さて、今回はタイトルにあるように『夫婦関係の修復に向けて、話し合いのコツ』について簡単に書きます。

 

夫婦で話し合いをするときは、ついお互いの主張を言い合いしてしまいがちです。

特に相手の方が悪い場合、どうしても言い負かそうとしてしまい、ケンカ口調になります。

すると、よけいに関係が悪化してしまうことがよくあります。

 

では、どうしたら良いかというと、話し合いのコツとしては、『聞く』ということです。

イメージとしては、こちらが『話す』が20%で、『聞く』が80%です。

 

こんな話をすると、「相手は好き放題言うので、我慢できません!」と言われる方もいて、その気持ちはとてもよくわかります。

しかし、「話し合い」は相手を言い負かすことが目的ではなく、あくまで問題の解決が大切です。

 

離婚をするにせよ、修復するせよ、感情をむき出しにしては話が先に進みません。

夫婦関係がこじれたときは、まず『聞く』ということを心がけてみると良いです。

 

 

 

 

   関連記事はコチラ