『離婚は不幸ですか?』という質問を受けましたが…。

先日、相談に来られた方が、ぽつりと質問されました。

「周りに離婚をした人がいないので教えてほしいんですけど、離婚するとやっぱり不幸になりますか?」

実際に相談に来られる方を見ていると、周りに離婚経験者がいない、とか、誰にも相談できずにいる方は、「離婚=不幸」とか「離婚=はずかしいこと」とマイナスイメージで受け止めている傾向があります。

逆に、周りに離婚経験者が多い方は、離婚を前向きに受け止めている方が多いです。

僕が思うのは、調査を依頼された方のその後を見ていると、離婚することが必ずしも不幸かというと、けっしてそうではないと感じます。

まず、幸せか不幸かは、他の誰かが決める事ではなく、自分の心が決めることです。

もし修復したとしても、自分の気持ちに嘘をついて、苦しい思いを我慢しながら生活をするのは、とても不幸なことです。

人は、子どもの頃はみんな正直なのに、大人になると何かを我慢をしたり、辛抱したり、自分に嘘をついて生きるようになります。

もちろん、子どもでも、大人と一緒で他人に対して嘘はつきます。

でも、子どもは自分の気持ちには正直です。

嫌なものは嫌、辛いことは辛い、と、本当に自分の気持ちには素直です。

確かに、世の中を上手に生きていくうえで、ちょっとした嘘は必要です。

でも、自分にとって大切な事を選ぶとき、小さな子どものように、自分の気持ちに素直になって選んでみてください。

「自分の気持ちに嘘をつかない」

それが、幸せになる秘訣だと思います。

   関連記事はコチラ